B'zは僕の勇気

ほぼB'zについて書いてるブログ

Top Page › B'z days › 大丈夫、B’zが来たから
2020-05-23 (Sat) 19:45

大丈夫、B’zが来たから

こんばんは。
C'monツアー後半部分を観ました!
LIVEツアーの映像を観ると
自分の参戦したLIVEの事を思い出すんだけど、
俺は広島でアリーナ会場参戦だったので、
抽選方式の「B'zのLIVE-GYMにようこそー!」
・・・ではなかったんですよねー。
過去の自分のブログでC'monツアーに参戦した時の
記事ではそう書いてありました。
あと、ガチャガチャで会場限定のピンバッチが出てました!

会場限定ピンバッチ

10.23 HIROSHIMAと刻印してあります^^。
右のやつは確かLIVEチケットと同封されてたものだと思います。
いい記念になりますよね!

そしてLIVE参戦翌日には山口・岩国へ足を伸ばし、
錦帯橋を見に行ったなぁ~というのも思い出しました!

そんなLIVE-GYM 2011 -C'mon-
後編を書いていこうと思います。
SPLASH!は英語バージョンだったので、
驚きましたね。
イントロでSPLASH!だと分かったけど、英語で始まったので
おっ!って意表を突かれました。
Brotherhood、この2011年のツアーでこの曲を
演奏する意味は大きかったと思います!
“こっちだって毎日クタクタになってる~”を“誰もが~”
変えて歌ってるのはいつからだろう・・・?
BLOWIN'でステージが移動し始めて、
イチブトゼンブを会場後方部分に着地して歌って、
裸足の女神で元のステージに戻っていく感じでしたね!
2年連続動くステージだったのはこの時気付きましたねー(苦笑)。
先程書いた通り、俺はアリーナ会場参戦だったので
ステージは動かなかったので・・・。
少し曲数飛んで、ザ・マイスターの時はみんなで声出して
一緒にやったのを思い出しますねー。
そしてアルバム&ツアータイトルにもなってるC'mon
この時のMCも良かったよねぇ。
前の年からアルバム制作してたけど、東日本大震災が起こって
制作が全てストップして、「自分達のやってる事に意味はあるのか・・・?」
って事まで悩んだりして、それでも前に進んでできたのが
このアルバムであり、C'monと言う曲。
とにかく“一緒に!”と言う強い気持ちを込めたそうですね。
2020年、コロナ禍でみんなが疲弊してる今、
改めてこの曲に励まされますよね。

アンコールでいつかのメリークリスマス演奏したのはレアですね!
イントロだけで客席が沸くのも凄く分かる!
確かこの大阪ドームLIVEがクリスマス前だったのかな?
俺はまだいつメリを生で聴いた事はありません。
ultra soulはもはや定番!最後のCallingは曲の終わりが激しくて
凄くいいなって思います^^。

エンディング曲はBrotherhoodのスタジオリハーサル風景。
曲の間に宮城公演だと思うけど、稲葉さんのMCで
「大変だったなぁ~。大丈夫、B'zが来たから!」って
言ってるのはなんか胸にグッと来るものがあります。
コロナが過ぎ去って最初のB'zのLIVE-GYMで
こんな言葉を掛けられたら
全国のLIVE参戦したB'zファン泣くよね。
俺も泣くかもしれないなぁ。

そんな訳で今回も色々映像を観て当時を思い出させて
もらいました!この機会(At Your Home)があった事に感謝。
それではまた。



twitterもやってます!
ブログとともにこちらのチェックももよろしくお願いします!

☆taktanのtwitter

最終更新日 : 2020-05-23

Comments







非公開コメント